HIGHLAND TOKYO
BRIDAL FILM / PHOTO STUDIO

HIGHLAND FILM LOUNGE(2019/7月現在/開設準備中)
✴︎Super 8 + 16mm FILM
デジタルにはない、フィルムならではの魅力

8mm film/Portland from HIGHLAND on Vimeo.

shoot on Super 8 + 16mm
Super 8 +16 mmフィルムをもっと身近に 誰でもチャレンジできる環境を提供したいから

ハイランドフィルムラウンジは、Super 8の手作業による高品質現像、3Kでの高画質スキャン、Super8/16mmカメラのレンタル、各種ワークショップなど、全てのフィルム撮影を始めてみたい初心者の方やプロの方でも気軽に安価にご利用いただけることを目指して開設したラウンジスペースです。

なぜ今フィルムで撮影するのか?
学生時代に初めて手にした古い8mmカメラ。なんだか8mmフィルムは自分にいつもと異なる世界を見せてくれます。8mmフィルムが映し出す世界は、皆さんが思う通常のいわゆるビデオではありません。今生きている21世紀ストーリーを1970年代のビンテージカメラで撮影し、それを現代の技術で作品にしていくこと。そのプロセス自体に、魅了されています。そして1日のストーリーを焼き付けたフィルムが現像される化学反応を通して、完成した映像/作品はきっと人生の宝物になり得ると信じています。

あらゆるものが自動化の今、なぜ手作業で丁寧に現像するのか?
8mmフィルムの本来の美しさやクオリティをみなさんに「この程度のものか」と誤解して頂きたくないからです。8mmフィルムは現像ムラや線(キズ)が入っていたり、ホコリが画にたくさんあるものを想像している方も少ないのではないでしょうか?しかし実際は違い、本当に美しい画を吐き出すポテンシャルを持っています。特に8mmは日本のマーケットは瀕死の状態です。需要が少なくなると日本のクオリティは低下の一途を辿りました。現像やテレシネ/スキャンの仕上がりは決して最高とは言えなくなってしまったのです。結果としてまだマーケットとして活気のあるアメリカ、ロサンゼルスの現像所に送らないと美しい結果が得られなくなってしまいました。そこで日本でもある程度満足のいくクオリティで提供したいと考えた時に、手作業での現像に辿り着きました。

8mmフィルム現像
現像ムラやキズ、ホコリを避けるためドイツの専用タンクで丁寧に手作業で現像いたします。現像方法の監修はフィルム現像の国内におけるスペシャリストであるSilversalt社のモーグ氏にご協力頂き、安心してご利用頂けます。

E-6現像:カラーリバーサル/Kodak Ektachrome等
1本/2,800yen+TAX

ECN-2現像/カラーネガ/kodak VISON 3等
1本/2,800yen+TAX

高画質 3Kフィルムスキャン
3K(3078×2042)という8mmフィルムには十分過ぎるほどのプロ使用にも耐えうる高解像度でご提供します。これは初心者やプロという垣根を超えてどなたにでも最高のクオリティで美しい映像を楽しんで頂きたいという私たちの強い想いがあります。

1本(約3min):3,000円+TAX

カメラレンタル
Super 8mmカメラ:NIZO
1DAY/8,000yen+TAX

16mmカメラ:ARRI S or Beaulieu
1DAY/10,000yen+TAX
※動作確認はしていますが、使用前に必ず再度確認いただくことをオススメいたします。また、ご希望であればバックアップカメラも同価格内でお付けいたします。

Recent Post
Category